サブプライムローンの深い闇

アメリカのサブプライムローン問題は、アメリカの景気後退を引き起こしましただけでなく、大小金融機関のクレジットクランチにより世界の金融システムにも深刻な影響を及ぼしました。

スポンサードリンク

リンク

サイトマップ

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

サブプライムローンとは

最近テレビのニュースや新聞記事などでよく話題に取り上げられていることに、「サブプライムローン」という言葉がありますね。聞いたことはあるけれど、内容までは詳しく分からない・・という人も多いのではないでしょうか。

「サブプライムローン」という言葉を分けて考えてみると、「サブ」「プライム」「ローン」になります。「ローン」はよく知られている言葉で、銀行などがお金を貸し付けることを意味しますよね。車やお家を購入する時など、まとまったお金が必要な場合にローンを組んで資金を得た後に、定期的にお金を返済していきます。

000058.jpg

「プライム」とは、「優良である」という意味があります。
ここでいう優良とは、優遇された金利でお金を借りることができる高所得者のことを指します。
プライムにサブをつけたサブプライムとは、次に優遇された条件の人、という意味でとらわれがちですが、実際にはプライムとはかけ離れた存在であることを意味します。

「サブプライム」とは、収入が少なく、ローンを返済していくことに対して信用性に欠ける人達のことを指します。
サブプライムローンとは、つまり、「通常では借りられない人々に対するローン」であるということです。

日本にもサラ金などのようにこれに似たローンはありますが、同じような内容の住宅ローンは存在しません。
サブプライムローンは、アメリカでマイホームを持つことがブームとなった2004年頃から広く普及されるようになりました。現在では、アメリカで貸し付けられている住宅ローンのうち、約15%がサブプライムローンであると言われています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。