サブプライムローンの深い闇

アメリカのサブプライムローン問題は、アメリカの景気後退を引き起こしましただけでなく、大小金融機関のクレジットクランチにより世界の金融システムにも深刻な影響を及ぼしました。

スポンサードリンク

リンク

サイトマップ

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブプライムローンとは

最近テレビのニュースや新聞記事などでよく話題に取り上げられていることに、「サブプライムローン」という言葉がありますね。聞いたことはあるけれど、内容までは詳しく分からない・・という人も多いのではないでしょうか。

「サブプライムローン」という言葉を分けて考えてみると、「サブ」「プライム」「ローン」になります。「ローン」はよく知られている言葉で、銀行などがお金を貸し付けることを意味しますよね。車やお家を購入する時など、まとまったお金が必要な場合にローンを組んで資金を得た後に、定期的にお金を返済していきます。

000058.jpg

「プライム」とは、「優良である」という意味があります。
ここでいう優良とは、優遇された金利でお金を借りることができる高所得者のことを指します。
プライムにサブをつけたサブプライムとは、次に優遇された条件の人、という意味でとらわれがちですが、実際にはプライムとはかけ離れた存在であることを意味します。

「サブプライム」とは、収入が少なく、ローンを返済していくことに対して信用性に欠ける人達のことを指します。
サブプライムローンとは、つまり、「通常では借りられない人々に対するローン」であるということです。

日本にもサラ金などのようにこれに似たローンはありますが、同じような内容の住宅ローンは存在しません。
サブプライムローンは、アメリカでマイホームを持つことがブームとなった2004年頃から広く普及されるようになりました。現在では、アメリカで貸し付けられている住宅ローンのうち、約15%がサブプライムローンであると言われています。

スポンサーサイト

サブプライムローンと公的な住宅ローン

最近よくテレビの経済ニュースなどで話題に取り上げられているサブプライムローンは、景気を低迷させるきっかけとなったアメリカの住宅ローンです。
住宅価格が上昇し続けている時代に広く利用されましたが、結果的に不良債権を増やすことになってしまいました。
日本でも様々な住宅ローンがありますが、以前は日本の住宅ローンといえば公的な住宅ローン「住宅金融公庫」が主流でしたね。
現在では民間の住宅ローンを住宅金融支援機構が買い取る形をとっています。
アメリカの住宅ローン事情をみてみると、日本と同じように、公的な機関が民間の住宅ローンを買い取って運営しているものもあります。
一般的に考えてみると、国民一人ひとりが自己保有の家に住むことが望ましいとされていて、マイホームを持ちやすくするために公的機関が住宅ローンを支援することは、国にとっても良いことであるのです。
公的機関は、どんな住宅ローンでも購入するわけではありません。
購入されるにはやはり一定の基準が必要で、この基準が満たされた融資は「コンフォーミング」と呼ばれています。
コンフォーミングは「規格内」という意味があり、サブプライムローンはコンフォーミングではない、ということになります。
ただし、大金持ちに融資する住宅ローンは、コンフォーミングには含まれません。
公的援助は、たくさんの人が住宅を持てるための援助であり、安易に家を持つことができる人は対象ではないのです。
数億円、数十億円などの高価な家を購入する人のためのローンは、「ジャンボ」と呼ばれています。

サブプライムローンとクレジットスコア

経済ニュースなどで話題にあがることが多くなっているアメリカの「サブプライムローン」。
このローンは「クレジットスコア」が低い人に対して、金利を高くして貸し付ける住宅ローンのことを言います。
クレジットスコアとは、アメリカの消費者の借り入れや返済の状況を点数化したものです。
日本では一般の銀行、信販、またサラ金など、各業界で消費者のデータを分けて管理されており、悪い情報だけを交換し合う形となっています。
アメリカでは日本よりも個人の信用度の情報が充実していて、すべての債務の状況を点数化して記録されています。
アメリカではこれがないと何かにつけて安心した取引が成立しません。
アメリカ人のほとんどは、クレジットスコアが600点~700点の間になります。
最低は300点、最高では900点くらいになりますが、ローンを組む場合に優遇された金利で承認される為には、680点以上は必要になります。
サブプライムと呼ばれる人は、一般的に600点以下の人を指しています。
一度クレジットスコアが低くなってしまうと、取り戻すために何年もの期間が必要になります。
スコアを低下させないように気をつけなくてはいけませんが、低下させないためにはローンやクレジットカードの支払いを期限までに済ませておくことが大切になります。
アメリカで問題になっているのはサブプライムを対象とした住宅ローンです。
やはり借入額が多くなる住宅ローンが様々な問題を引き起こしているのですが、サブプライムを対象にしたローンは住宅だけではありません。
サブプライムの自動車ローン、クレジットカードローンも存在します。
住宅ローンが問題化されたことで、これらのローンについても少なからず影響があることが予想されています。

サブプライムローンが広められた背景

アメリカで大きな問題となっているサブプライムローン問題は、アメリカだけでなく、欧米や日本の経済事情にまで、様々な影響を及ぼしました。
ここまで被害が大きくなったのは、サブプライムを対象とした住宅ローンが広く普及されたことにあるのですが、それは、当時のアメリカの住宅事情が大きく関係しています。
サブプライムローンは、経済的に余裕のない人でも利用することができる住宅ローンとして、2004年頃から広く普及されていきました。
ローン会社からすると、返済できなくなるかもしれない人々に多額のお金を貸すことは、危険なことだといえるのですが、何故そのようなローンが広められたのでしょうか。
当時のアメリカではマイホームブームで、不動産価格が上昇傾向にあったことが大きな理由です。
サブプライムローンは、ローン開始から数年たつと高金利になるという特徴があるのですが、金利が上がってローンの返済が難しくなってしまった場合でも、不動産の上昇した分を担保にして通常の金利の低いローンへの借り換えをすることが可能だったのです。
また、借り換えをしても返済が難しくなってしまった場合でも、担保にしていた土地や家を処分してしまえば、ローン会社は十分に債権を回収することができたのです。
ところが不動産価格の上昇はやがてピークを向かえることになります。
不動産の価格が上がりすぎて、購入する人の数が減っていき、その結果、不動産の価格が低下していくことになったのです。
ローンを返済することができなくなる人が増え、ローン会社は不動産を売却しても債権回収には至らず、不良債権が増えていくことになってしまいました。

サブプライムローンの不良債権とは?

最近何かと耳にするようになったサブプライムローン。
問題となっていることの1つに、ローンの返済が不可能になってしまった人が増え、ローンの「不良債権化」が多くなったことがありますが、不良債権とは、具体的にはどのような状態のことをいうのでしょう。
「債権」とは、貸したお金を返済してもらう権利のことです。
不良債権とは、この権利がなくなってしまった状態のことを意味していて、貸したお金が返済されずに、この場合は土地や建物を売っても回収することができなくなってしまったことをいいます。
経済的に余裕のない人々でも利用することができるサブプライムローンは、もともとローンの不良債権化がおきやすいローンであるといえます。
このローンが広められた頃は、不動産の価格が上昇していて、経済的な理由で返済することができなくなった場合でも、不動産を売却することで不良債権化は十分に免れていました。
不動産の価格が低下し、金利も低くなったことで、一気に不良債権化が進んでしまったのです。
不良債権が多くなると、どのような影響が出るのでしょう。
住宅ローンであるサブプライムローンによる不良債権は、直接住宅業界の不振にもつながりました。
また、不良債権がどんどん増えていくと、金融機関は、企業への貸付までも躊躇することになります。
「貸し渋り」とよばれる状態ですね。
貸し渋りが増えることで、お金の流れが止まり、結果、景気が低迷することとなっていったのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。